愛をもって愛を育てる

子どもたちが愛にあふれ、その愛を人に分け与えることができるよう、
シスター・オディリアの精神を受け継ぎ、愛をもって愛を育てます。


設立の経緯
社会福祉法人 聖オディリアホームは、シスター・オディリア・レーマンが昭和16(1941)年自宅にキンダーハイムを開設したことに始まります。

シスター・レーマンは、ドイツのベルリンに駐在していた外交官の吉澤家で幼児の保育をする職に就き、昭和6年、同家に随伴して来日しました。日本で終戦を迎え、終戦直後の乳幼児の養育が困難であった社会情勢の中で、昭和23年に私立乳児院を開設し、聖オディリアホームと名づけました。

昭和44(1969)年には、地域の要請を受けて聖ピオ保育園を開設しました。シスター・レーマンは昭和45(1970)年8月に亡くなりました。

社会福祉法人聖オディリアホームは現在、聖オディリアホーム乳児院聖ピオ保育園を運営しています。

コメントは受け付けていません。